タスクシュート時間術

なぜタスクをすべて書き出すとうまくいかなくなるのか? 1タスクシュート時間術

なぜタスクをすべて書き出すと失敗するのか?

タスク管理において、気になることをすべて書き出して細分化するアプローチは広く支持されていますが、もはやあまり有効とは思えません。実際に取り組んでみると、うまく実行できないどころか、より多くの混沌をもたらすことすらあります。肥大化し、管理不能になったタスクリストのメンテナンスに右往左往することになるためです。

タスクシュート時間術

タスクシュートは面倒くさいのか?

一見したところ「タスクシュート」を今日のリストだけでもセットするのはたいへんそうに見えるかもしれません。

60近いタスクを並べ、そのすべてに「開始時刻」と「終了時刻」を打ち込むのです。

しかしエクセル60行に、4桁の数字を打つだけであれば、速い人なら2分以内に終わるのではないでしょうか?

24時間を分単位で行動を記録するのはたいへんでないのか?タスクシュート時間術

24時間の行動を分単位で記録するのはたいへんでないのか?

10年ほどタスクシュートの手法にもとづいて24時間の行動ログを記録しています。24時間を分単位で行動を記録するなどたいへんでないのかと問われれば、答えはNoです。ログを記録すると言ってもタスク開始と終了の2回記録するだけです。1日分のログを全て記録したとしても十数分あれば事足ります。

タスクシュート時間術

「タスクシュート的」なタスク管理

「エンジニアのための時間管理術」(オライリージャパン)には、「タスクシュートを使っていない、手書きのタスクシュートによく似たりスト」が掲載されています。このようにリストを作成すると、そのリストは自然と「1日単位」におさまるでしょう。「ここにあるタスクは今日やるタスク」という意味にとりあえずなる、と思うのです。

ネクストアクションはフロー情報として扱うタスクシュート時間術

ネクストアクションはフロー情報として扱う

次に手をつけるべきことリスト、つまり「ネクストアクション」は頻繁に入れ替わります。刻一刻と変わっていく状況に対応するため、ネクストアクションをリスト化して満足してはいけません。むしろフロー情報として扱うべきです。TaskChute Cloudのようにタイムラインとしてネクストアクションを管理できるとベストです。

やる気を引き出すのは現実的な計画タスクシュート時間術

やる気を引き出す一番効果的なツールは現実的な計画

これまで様々なタスク管理メソッドに触れて実践してきたわけですが、中でも最も効果のあった教訓のうちの1つは 「予定どおりこそ一番やる気が出る」 ということです。やる気があるから予定どおり進むのではなく、予定どおりだからやる気が出るのです。そのためにTaskChute Cloudは大きな効果をあげるでしょう。

午後はウィニングランにするタスクシュート時間術

午後はウィニングランにする〜上手なタスクリストの作り方〜

今日のタスクリスト作成にあたって、午前中にどのような仕事をどれだけ入れて、午後にどのような仕事をどれだけ入れるのが良いのでしょうか。私がいつも念頭に置いているのは「午後はウィニングラン」です。午後を過度に期待せず、午前中に全力を投入しましょう。

タスクの実行はコンテキストよりシーケンスで管理するタスクシュート時間術

タスクの実行はコンテキストよりシーケンスで管理する

GTDはネクストアクションの実行タイミングをコンテキスト(文脈)によって管理します。一方、タスクシュートは実行順、いわばシーケンスによってタスクを管理します。こうすることで主体的にタスクの実行を進めながら、常に目の前のタスクに没頭できる環境を作れます。

すべてのタスクを終わらせることはできないタスクシュート時間術

すべてのタスクを終わらせることはできない

いまや仕事の完了は非常に曖昧な概念となりました。1つのタスクを完了したら、1つ以上のタスクが新たに生まれるのが常です。プロジェクトの完了は、次なるプロジェクトのスタートとなります。このような状況下では、すべてのタスクを終わらせることはできません。処理するタスクに区切りを設けて、成果を形にしていくことが重要です。

人生の喜びは自分の力量を知ることで得られるタスクシュート時間術

人生の喜びは自分の力量を知ることで得られる

ドイツの哲人アルトゥル・ショーペンハウアーは自分の力量を使い、自分の力量を実感する他に本来喜びがあろうはずもないと言いました。そして最大の苦痛とは、力量が必要な時にその力量が自分にないと気付くことです。自分の力量を正しく知っていれば、自分の短所を思いらされる苦痛の代わりに、自分の長所を実感する喜びをたびたび

現代の生活ではドーパミンのハックに対処しなければならないタスクシュート時間術

現代の生活ではドーパミンのハックに対処しなければならない

年々集中を遮るものが増えるとともに、その巧妙さも増すばかりです。インターネットに加えてスマートフォンが登場したことで決定的になりました。スマートフォンの向こうでは、一流の企業が一流の人材を雇い、多大な資金を投じて我々の注意を引こうとしています。不安なく目の前の1つのことに集中することは、貴重な贅沢になりつつあります。

タスクシュート時間術

タスク管理やタスクシュートを広めたい理由

タスク管理やタスクシュートをなぜ広めたいのか。人々に何を伝えたいのかをまとめます。これは次の4つに集約されます。「重要なことを見極める」「集中力を取り戻す」「習慣化して積み重ねる」「結果、偉大な仕事を成す」。タスクシュートはこのような幸福を醸成するために役立つでしょう。

タスクシュート時間術

タスクシュート時間術で実行が難しいルーチンは前日までに調整しておく効能

タスクシュート時間術では「今日やることを実行順に並べる」ことが求められます。このクローズリストはいつ、どのタイミングで最適化すればよいのでしょうか。1つの回答は「前日」です。前日のうちにタスクリストを現実的なものにしておくことで、1日をスムーズに走り出せるようになります。

タスクシュート時間術でタスク実行後のコメントを活用するタスクシュート時間術

タスクシュート時間術でタスク実行後のコメントを活用する

タスクシュート時間術ではタスク実行後にコメントを入力できます。実行したタスクごとにコメントを残しておくことで、ルーチンを最適化したり、習慣を継続するうえで役立ちます。とりわけ感情の記憶は残りづらいので、心地良さや不安感などをコメントとして残しておくとよいです。

習慣を活かして締切のある仕事を進める 1タスクシュート時間術

習慣を活かして締切のある仕事を進める

ガントチャートをもとに仕事を進めるより、毎日その仕事にどれだけ取り組むかを決めて、継続的に取り組んだ方がクオリティも高く締め切りにも間に合いやすいです。締め切り駆動で仕事を進めようとすると、結局は締め切り直前に無理やり頑張って燃え尽きてしまうパターンに陥りがちなのです。

タスクシュート時間術

タスクシュート時間術では生活習慣以外のタスクも積極的にルーチン化する

タスクシュート時間術の実践は「ルーチン」の扱い方が鍵です。ルーチンは通常考えられているような、生活習慣や定例行事など基本的なライフサイクルだけに適用されるものではありません。その範囲を超えて、通常はルーチンとして扱わないようなタスクもルーチンとして扱うことで、より効果的な時間管理が可能になります。

「TaskChute Cloud」で「マニャーナの法則」に徹底的に基づいてタスクを処理した1分単位の行動ログを晒す 3活用事例

「TaskChute Cloud」で「マニャーナの法則」に徹底的に基づいてタスクを処理した1分単位の行動ログを晒す

マーク・フォスター氏の「仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版」(原題:Do It Tomorrow)を手に取りました。タスクシュート時間術、TaskChute Cloud、マニャーナの法則の組み合わせは素晴らしく、時間管理・タスク管理のレベルを完全に別のレベルに引き上げてくれると確信しました。