タスクシュート時間術

タスクシュート時間術

タスク管理やタスクシュートを広めたい理由

タスク管理やタスクシュートをなぜ広めたいのか。人々に何を伝えたいのかをまとめます。これは次の4つに集約されます。「重要なことを見極める」「集中力を取り戻す」「習慣化して積み重ねる」「結果、偉大な仕事を成す」。タスクシュートはこのような幸福を醸成するために役立つでしょう。

タスクシュート時間術

タスクシュート時間術で実行が難しいルーチンは前日までに調整しておく効能

タスクシュート時間術では「今日やることを実行順に並べる」ことが求められます。このクローズリストはいつ、どのタイミングで最適化すればよいのでしょうか。1つの回答は「前日」です。前日のうちにタスクリストを現実的なものにしておくことで、1日をスムーズに走り出せるようになります。

タスクシュート時間術でタスク実行後のコメントを活用するタスクシュート時間術

タスクシュート時間術でタスク実行後のコメントを活用する

タスクシュート時間術ではタスク実行後にコメントを入力できます。実行したタスクごとにコメントを残しておくことで、ルーチンを最適化したり、習慣を継続するうえで役立ちます。とりわけ感情の記憶は残りづらいので、心地良さや不安感などをコメントとして残しておくとよいです。

習慣を活かして締切のある仕事を進める 1タスクシュート時間術

習慣を活かして締切のある仕事を進める

ガントチャートをもとに仕事を進めるより、毎日その仕事にどれだけ取り組むかを決めて、継続的に取り組んだ方がクオリティも高く締め切りにも間に合いやすいです。締め切り駆動で仕事を進めようとすると、結局は締め切り直前に無理やり頑張って燃え尽きてしまうパターンに陥りがちなのです。

タスクシュート時間術

タスクシュート時間術では生活習慣以外のタスクも積極的にルーチン化する

タスクシュート時間術の実践は「ルーチン」の扱い方が鍵です。ルーチンは通常考えられているような、生活習慣や定例行事など基本的なライフサイクルだけに適用されるものではありません。その範囲を超えて、通常はルーチンとして扱わないようなタスクもルーチンとして扱うことで、より効果的な時間管理が可能になります。

「TaskChute Cloud」で「マニャーナの法則」に徹底的に基づいてタスクを処理した1分単位の行動ログを晒す 3活用事例

「TaskChute Cloud」で「マニャーナの法則」に徹底的に基づいてタスクを処理した1分単位の行動ログを晒す

マーク・フォスター氏の「仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版」(原題:Do It Tomorrow)を手に取りました。タスクシュート時間術、TaskChute Cloud、マニャーナの法則の組み合わせは素晴らしく、時間管理・タスク管理のレベルを完全に別のレベルに引き上げてくれると確信しました。

TaskChute Cloudの考え方タスクシュートの始めかた

なぜTaskChute Cloudの時間管理が窮屈ではないのか?

TaskChute Cloudを使ったタスクシュート時間術の実践において「そのような時間管理はストイックすぎるし、窮屈ではないのか?」と質問されます。これはむしろ逆なのです。ゆっくり過ごそうとするより、いま目の前のことに100%没頭していていいと感じられるTaskChute Cloudこそ、解放感を与えてくれるのです。

タスクシュート時間術との出会いが1日の価値を大きく上げてくれた活用事例

タスクシュート時間術との出会いが1日の価値を大きく上げてくれた

タスクシュート時間術の実践によってようやく理解できたのは、1分単位の行動ログの1つ1つの積み重ねが間違いなく1日を形作っていて、その総体が間違いなく未来を作っているってことでした。この現実を直視したことで、ようやく諦めきれない夢へ向かう覚悟ができ、行動する勇気を得られたのです。