報酬を期待する欲求こそが人を習慣へと駆り立てる習慣化のコツ

報酬を期待する欲求こそが人を習慣へと駆り立てる

習慣ループにおいて報酬と欲求は違います。報酬は満足であり、欲求は期待です。欲求は行動の前に起こり、報酬は行動の後に起こります。食事やお金といった満足できる経験そのものよりも、それらに対する期待が報酬中枢を行動に駆り立てます。それを得られるかどうかが不確実なら完璧です。

タスク管理は仕事を「より多く、より速く」実行するためのものではないタスクシュート時間術

タスク管理は仕事を「より多く、より速く」実行するためのものではない

タスク管理は仕事効率化の文脈で語られることが多いです。特に、目の前にある仕事を「より多く、より速く」実行するための方法論であると考えられていることがしばしばあります。そうではなく、「より正しく、より深く」仕事をするための手法こそ真に有効なタスク管理です。

やる気や意志力を発揮する鍵は自己コントロール感にある習慣化のコツ

やる気や意志力を発揮する鍵は自己コントロール感にある

調子がよいときにはよい習慣も継続できるけれど、忙しいときやいざというときに習慣が継続できないという悩みは尽きないものです。習慣は継続によって成果が積み重なります。調子がよいときだけ続けられる習慣というのは、成果が安定しないということです。問題は、意志力ややる気が発揮したいときに発揮できるとは限らないことです。

タスクシュート時間術

タスク管理やタスクシュートを広めたい理由

タスク管理やタスクシュートをなぜ広めたいのか。人々に何を伝えたいのかをまとめます。これは次の4つに集約されます。「重要なことを見極める」「集中力を取り戻す」「習慣化して積み重ねる」「結果、偉大な仕事を成す」。タスクシュートはこのような幸福を醸成するために役立つでしょう。

メンタル・タフネス 成功と幸せのための4つのエネルギー管理術習慣化のコツ

エネルギーを管理する4原則〜メンタル・タフネス by ジム・レーヤー〜

ジム・レーヤー氏と、トニー・シュワルツ氏による名著「成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス」(原題:The Power of Full Engagement)を紹介します。エネルギーに満ちた状態「フル・エンゲージメント」を実現して高いパフォーマンスを発揮し続ける方法を教えてくれます。

TaskChute Cloud 習慣トラッカー 2習慣トラッカー

習慣トラッカーの実行カウントをもとにルーチンの構成を最適化する

タスクシュート時間術では「ルーチン」が効果的な時間管理の鍵を握っています。ルーチンが最適に構成されていれば驚くほど効率的かつ効果的に一日を過ごすことができます。TaskChute Cloudの習慣トラッカー機能はルーチン化されたタスクがどのくらい予定通りに実行されているかを可視化できます。

タスクシュート時間術

タスクシュート時間術で実行が難しいルーチンは前日までに調整しておく効能

タスクシュート時間術では「今日やることを実行順に並べる」ことが求められます。このクローズリストはいつ、どのタイミングで最適化すればよいのでしょうか。1つの回答は「前日」です。前日のうちにタスクリストを現実的なものにしておくことで、1日をスムーズに走り出せるようになります。