タスクシュートはイマココ時間術

タスクシュート時間術

トコトン極端に言うならば、タスクシュートとは次の画面における

実行中のタスクを自分の意識にハッキリ示す

のがすべてとも言えるのです。

このなかの特に

20:05開始(実行中)

がタスクシュートの根幹です。これ以外のすべてがなかったとしても、コレだけはなければなりません。

私の知る限り、タスク管理のほとんどは、これ以外のたいていはそろっているものの、これだけが抜けています。

いまなにをしているか?

いつでもそれがわかっていなければならないのです。

そして、極端に言えばそれさえ分かっていればいいのです。

タスクシュートとは、イマココでやっていることを最大化する時間術のことです。

どんな人でもおそらく確実なのは

時間を使うとは、イマココでやっていることに時間を使うこと」

のはずです。

したがって、何をやっているとしても、それをやっているという意識のないままにやったなら

時間を使う

ことのできない時間を過ごす結果になります。

よく子供に言われるように、テレビに夢中になりながらご飯を食べてしまうと、ご飯を食べることに時間を費やせない結果になります。

「時間をうまく使う」には少なくともこれを避けなければなりません。

私たちはムダと知りつつムダなことなどやりません

意識を現在の行為に向けているかぎり24時間、365日、正しい時間の使い方ができるわけです。

6月4日 佐々木正悟 vs 立花岳志「時間管理 情報発信 クロストーク」@Zoom

開催方法Zoomオンライン
開催日2022年6月4日(土)
開催時間14:00〜17:00
参加料金5,500円(税込)
備考アーカイブ動画での受講も可能ですので、ご都合が合わない方も受講いただけます。