タスク画面

TaskChute Cloud 習慣トラッカー 2習慣トラッカー

習慣トラッカーの実行カウントをもとにルーチンの構成を最適化する

タスクシュート時間術では「ルーチン」が効果的な時間管理の鍵を握っています。ルーチンが最適に構成されていれば驚くほど効率的かつ効果的に一日を過ごすことができます。TaskChute Cloudの習慣トラッカー機能はルーチン化されたタスクがどのくらい予定通りに実行されているかを可視化できます。

タスクシュート時間術でタスク実行後のコメントを活用するタスクシュート時間術

タスクシュート時間術でタスク実行後のコメントを活用する

タスクシュート時間術ではタスク実行後にコメントを入力できます。実行したタスクごとにコメントを残しておくことで、ルーチンを最適化したり、習慣を継続するうえで役立ちます。とりわけ感情の記憶は残りづらいので、心地良さや不安感などをコメントとして残しておくとよいです。

TaskChute Cloud 習慣トラッカー 2TaskChute Cloudの使い方

習慣トラッカー機能の画面と概要について

TaskChute Cloudが備える「習慣トラッカー」機能の概要を解説します。これはルーチンの定着を促進するための機能です。習慣トラッカーはタスクごとに実行回数および先送り回数をカウントします。そして、実績のサマリーを表示できます。習慣トラッカー機能は2つの画面を通してルーチンの定着を促進します。

TaskChute Cloud 習慣トラッカー 5習慣トラッカー

習慣トラッカー機能の画面構成および操作方法について

TaskChute Cloudにはルーチンの継続をサポートする機能として「習慣トラッカー」機能が備わっています。本機能には「現在のカウント機能」「カレンダー機能」「サマリー機能」「カウント修正機能」「実行ログテーブル機能」があります。これらの機能を活用すれば、習慣の定着に役立ちます。

TaskChute Cloud 習慣トラッカー 4習慣トラッカー

TaskChute Cloud 習慣トラッカー機能の仕様と活用法まとめ

TaskChute Cloudの「習慣トラッカー」機能についてまとめます。習慣トラッカーは習慣の実行と先送りのログをカウントし、振り返れる機能です。ルーチン機能と相乗効果を発揮して、効果的な習慣化を促進します。習慣トラッカーは実行した日だけでなく、予定していたけれど実行しなかった日もカウントできます。

タスクシュート時間術

タスクシュート時間術では生活習慣以外のタスクも積極的にルーチン化する

タスクシュート時間術の実践は「ルーチン」の扱い方が鍵です。ルーチンは通常考えられているような、生活習慣や定例行事など基本的なライフサイクルだけに適用されるものではありません。その範囲を超えて、通常はルーチンとして扱わないようなタスクもルーチンとして扱うことで、より効果的な時間管理が可能になります。