習慣トラッカーの実行カウントをもとにルーチンの構成を最適化する

TaskChute Cloud 習慣トラッカー 2 習慣トラッカー

私の愛しいアップルパイへ

タスクシュート時間術では「ルーチン」が効果的な時間管理の鍵を握っています。ルーチンが最適に構成されていれば驚くほど効率的かつ効果的に一日を過ごすことができます

TaskChute Cloudではこのルーチン最適化をサポートする機能として習慣トラッカー機能があります。ルーチン化されたタスクがどのくらい予定通りに実行されているかを可視化できるのです。

ルーチンがどのくらい実行されていて、どのくらい先送りされているかが分かるので、ルーチンの頻度を見直したり削除したりする指標となります。

TaskChute Cloudで実行カウントをもとにルーチンの構成を最適化する

習慣トラッカー機能ではタスクリストに現在の実行カウントが一覧表示されます。連続実行中なら青色、連続先送り中なら灰色で表示される数字です。

これはルーチンの健全性を表す数字として活用できる。青色で数字が大きければ習慣として定着した値隣、灰色で数字が大きければ習慣化に苦戦しているということです。

TaskChute Cloud 習慣トラッカー 2

数字をクリックするとそのルーチンの実行状況サマリーが表示され、ルーチンの実行率も確認できます。

これらの機能はルーチンごとに習慣化の状況を把握するだけでなく、ルーチンの全体構成を見直すときにも役立ちます。

タスクシュート時間術を実践する上でのよくある悩みとして、ルーチンを増やしすぎてパンクしてしまうことが挙げられる。

その場合には不要なルーチンを消していく必要があるが、習慣トラッカーのカウントをみれば何を優先的に削除すればよいか判断しやすくなるでしょう。灰色で数字の大きいルーチンから消せばよいのです。シンプル!

TaskChute Cloudではタスクリストからルーチンを消したり無効化したりできるので、カウントをもとにルーチンを調整するのは容易です。

このような調整によってルーチンの先送りを抑制し、習慣育成を後押してくれます。

習慣トラッカー機能の全貌については次の記事をご覧ください。

貴下の従順なる下僕 松崎より

TaskChute Cloud 100日チャレンジ