タスクシュートのプロジェクトとは?使い方や事例を紹介

タスクシュートのプロジェクトとは5 プロジェクト設定

このページでは、タスクシュートにおける「プロジェクト」について解説していきます。

プロジェクトとは

プロジェクトとは、よくビジネス上で使われている意味と同様です。あえて定義するなら「1つのゴールに向かって必要となる複数タスクをまとめたもの」と言えるでしょう。

例えば「TaskChute Cloud」というプロジェクトがあったとすれば、その中には”サービス開発”や”ブログ執筆”、”お問い合わせ対応”といったタスクがあるイメージです。

プロジェクトの登録の仕方

プロジェクトを登録・変更・削除したい場合は、プロジェクトページから編集することができます。

プロジェクトを削除した場合、削除したプロジェクトを設定していたタスクには「!無効な値です」と表示されてしまいます。思わぬエラーの原因になるので注意しましょう。

プロジェクトの使い方

プロジェクトはタスクごとに設定することができます。

レビュー画面を見ると、プロジェクトごとに実績時間が表示されます。

何にどれだけ時間を使っているのかが可視化できるので、時間の使い方改善につながるかもしれません。

プロジェクトの設定事例

他のタスクシュートユーザーは、どのようにプロジェクトを設定しているのでしょうか?

実際に事例をいくつか見てみましょう。

事例1:役割から細分化して設定する

まずは私の使い方を紹介させていただきます。

私はプロジェクトを役割ごとに大別しています。自分の役割はなんだろうと内省したことがあり、自分の役割を以下の5つに設定しました。

  • 事業家:インパクトを追い求める、社会に対して働きかける役割
  • 前進家:仲間と同じ方向に足を進める役割
  • 学習アニマル:心・頭・技・体のしなやかな強さを育む役割
  • 表現者:自己を解放する役割
  • 普通人:自然との一体感を楽しむ、友人関係を楽しむ役割

そしてこの役割ごとに、プロジェクトを以下のように細分化しています。

私は「どのくらい時間を使ったのか」を知りたいのならプロジェクトを細分化する、というルールにしています。「93.【普通人】ゲーム」はその最たる例ですね。

ちなみに連番をつけることで、意図した通りに並べることができます。

事例2:役割ごとに設定する

タスクシュートの開発に携わって佐々木正悟さんは、役割ごとに設定されています。

シゴタノ! 「プロジェクトから役割へ」より引用

「大橋パートナー」「父親」「夫」「乗客」「作家」など、マネしやすいプロジェクトの分類ではないでしょうか。

参考:プロジェクトから役割へ


TaskChute Cloudに興味を持ってくれた方は、こちらの申し込みページをご覧ください。

TaskChute Cloudの申し込みページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

だいち
TaskChute Cloudの開発、グロース、カスタマーサポートを担当。 別事業として、オンラインコミュニティライフエンジンの運営責任者を兼任。 スポーツ健康科学部在学中に公認会計士試験に合格するも7ヶ月で監査法人を退職。その後WEBマーケティングの営業職に就く。その9ヶ月後、フリーランスに憧れ独立。のちに兼ねてから親しい関係にあったjMatsuzaki株式会社に参画し、今に至る。