TaskChute Cloud 100日チャレンジ!

TaskChute Cloud 100日チャレンジ
TaskChute Cloud 100日チャレンジのお申し込みは締め切りました。次回開催をお待ちください。

TaskChute Cloudを活用し、タスクシュートを100日間でマスターしませんか?

「タスクシュートは続けられない」とよく言われます。

その声を受け、100日チャレンジをご用意しました!

TaskChute Cloud 100日チャレンジとは?

TaskChute Cloud 100日チャレンジとは、TaskChute Cloudを使ってタスクシュート時間術を身につけるための企画です。特にタスクシュートをやってみたけれど挫折した方や、タスクシュートをこれから始めてみたいと思っているけれど躊躇している方を対象としています。

参加に必要な条件はTaskChute Cloud Proプラン(有料)のユーザーであることだけです!

TaskChute Cloud開発者のjMatsuzakiと、タスクシュート時間術の第一人者であり実践歴15年の佐々木正悟が、挫折しそうなとき、目的を見失いそうなとき、100日チャレンジの間ずっとサポートし続けます!

タスクシュートの正しいやり方をもとにスタートできるとともに、他の参加者と交流することでコミュニティの力を使って習慣化を促進できます。

まずはとにかくやってみましょう!

必要な費用は毎月500円以下です!ワンコインです!しかも、TaskChute Cloudのフル機能がついてきます。

これでダメならむしろあきらめがつくかもしれません?!

100日チャレンジの内容

TaskChute Cloud 100日チャレンジに申し込みいただけると期間中に次のような特典を得られます。

  • TaskChute Cloud専用コミュニティ(Discord)への参加
  • 2時間のキックオフイベント参加権
  • チャレンジ オリジナルメールコンテンツの定期受信
  • デイリーレビュー&講師によるフォローアップ

その他にも期間中に行う様々なイベントを企画しておりますので、楽しみにしていてください。

講師プロフィール

jMatsuzaki

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。

ブログを通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。

2015年からは「jMatsuzaki」名義でのバンド活動を開始。2018年にヨーロッパでの事業展開を見据え、ドイツ・ベルリンに移住。

クラウドサービス「TaskChute Cloud」開発者。jMatsuzaki株式会社およびjMatsuzaki Deutschland UG代表取締役。


佐々木正悟

ビジネス書作家、心理学ジャーナリスト。

1973年北海道旭川市生まれ。97年獨協大学卒業後、ドコモサービスで働く。
2001年アヴィラ大学心理学科に留学。2005年に帰国。

仕事のメインパートナーは大橋悦夫さん。シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌で週間連載中。

2019年から「グッドバイブス」の倉園佳三さんとも一緒に活動中。
『スピードハックス』(日本実業出版)、『先送りせず「すぐやる人」になる100の方法』(KADOKAWA)、『グッドバイブス 安心力で生きる』(KDP)ほか50作品以上を商業出版している。

セミナーを毎月定期開催し、タスク管理トレーニングセンター、グッドバイブスファクトリーなど、オンラインサロンも運営している。

100日チャレンジへの参加方法

TaskChute Cloud 100日チャレンジのお申し込みは締め切りました。次回開催をお待ちください。

100日チャレンジでTaskChute Cloudを楽しく習慣化!

我々はTaskChute Cloudをうまく実践するコツには2つの要素が必要であると考えます。

  1. タスクシュート時間術およびTaskChute Cloudの効果的な使い方を理解する
  2. TaskChute Cloudを生活の一部に組み込む

今回の企画はそのどちらもカバーできるものとしてご用意しました。これを機にぜひTaskChute Cloudにチャレンジしてみましょう。そして「決めたことができた!」を毎日積み重ねる快感を味わってください :^D


TaskChute Cloudに興味を持ってくれた方は、こちらの申し込みページをご覧ください。

TaskChute Cloudの申し込みページへ